離婚・男女問題にお困りなら

エトワール法律事務所 離婚

新宿駅より徒歩7分、代々木駅より徒歩4分

解決事例

婚姻期間が短いが、高額な慰謝料を獲得して協議で解決した事例

女性

30代

子ども:なし

担当弁護士:

背景

結婚して2年くらいで、夫が「もう無理だ」という理由で家を出てしまったとのことでした。
その後、夫に対して家を出た理由を確認しても、もう一緒に暮らせないとのことでした。そこで、ご相談者が調査会社を使って夫の動向を調べたところ、他の女性と一緒に暮らしていることが分かりました。

ご相談者はショックを受けましたが、夫を問い詰めたりせず、少し時間をおけば戻ってきてくれるかもしれないと考えて、夫の親族との付き合い等は継続しつつ、夫が帰るのを待っていました。

しかし、夫から弁護士を通して離婚請求の通知書が届き、困惑してご相談にいらっしゃいました。

相談内容と弁護士対応

ご相談者は、すでに別居期間が数年間経過していたことから、最終的に離婚が避けられないことは理解しつつも、納得できない想いを抱えていらっしゃいました。

そこで、弁護士は、ご相談者が気持を整理する時間も必要と考えて、先方代理人に対して、ご相談者の心境をお伝えしつつ、夫側が有責であるため、ご相談者が離婚に応じる意思も義務もないということを伝えたところ、夫側からの離婚請求が一時期止まりました。

結果

ご依頼を受けてから3年間程度は、ご相談者の気持の整理がつかなかったこともあり、夫の勤務先の社宅で生活していましたが、最終的に夫側の代理人と条件交渉をして、高額の慰謝料の支払いを受けて離婚となりました。

弁護士からのコメント

本件は、ご相談者の気持を整理する時間が必要と感じましたので、夫側の代理人には、夫が有責配偶者であり、強引に離婚することができないはずであることを伝えて、時間を稼ぎました。その後、夫の代理人から具体的な条件提示があり、ご相談者からも条件次第で離婚に応じるというご意思をいただきましたので、可能な限り条件を引き上げた上で、離婚を成立させました。

TOP